国土交通大臣認定工法

建築基準法第68条の26第1項【構造方法等の認定】の規定に基づき、同法施行例第129条2の5第1項第七号ハ【防火区画貫通部1時間遮炎性能】の規定に適合するものと国土交通大臣より認められた工法のこと。

近年は1時間耐火が主流となりましたが、様々な場面に応じた工法が存在致します。壁の構造や貫通物、現場の状況に応じて工法を確実に選定し、法令を遵守し施工する事が要求されます。
 
※特定共同住宅の住戸等(壁又は床)の共住区画には国土交通大臣認定工法が使用できませんので細心の注意が必要になります。
 
 
 
 
国土交通大臣認定工法
 

耐火ブロック工法充填工法 / 

色々なサイズの異なる耐火ブロックを貫通物や開口に応じて充填していく工法です。作業場所を汚さない上に可能な貫通物も多種多様です。施工性は非常に優れていて、メンテナンスにも優れています。床開口では業界No.1の開口面積が施工可能です。

耐火形成板充填工法 / 

(ロックウールボード充填工法)
壁貫通部、床貫通部共に施工後は壁、床と一体化して見えますので、意匠的にも優れた工法です。耐火ボードを開口、ケーブル又はケーブルラックに沿って加工し、充填後にシール材で隙間を埋めます。遮音性、耐水性や経年劣化にも強い工法です。

耐熱シール材充填工法 / 

(丸穴工法)
耐熱シール材を充填する工法です。施工性がよく、あらゆる建築物で使用頻度が高い工法だと言えます。国土交通大臣認定工法以外にも、総務省令40号の規定に対応する(財)日本消防設備安全センターの性能評定を取得しているシール材も多数ございます。

耐火仕切板取付工法 / 

  (ケイカル板工法)
従来より広く使用されている工法です。ケーブル又はケーブルラックの形状に加工したケイカル板を取付、耐熱シール材で塞ぐ工法です。開口の形状を問わず、複雑なケーブルの貫通処理にも対応でき、仕上がりが綺麗になる工法です。

電線管・短管工法 / 

熱膨張材系のシートを管口に巻きつけるだけの簡単な工法です。片面だけの施工でよく、自己融着性があるので非常に作業が簡単です。写真の他にもシール材を充填する工法や、決まった形状の金具を取り付ける工法などもございます。

PF管,ケーブル用工法/

柔軟で薄いシート状の耐火材を使用するので非常に施工性が良く、片側だけで施工が完了するので作業性にも優れています。その他にも耐熱シール材を充填するだけの工法や、一般の防火区画貫通措置工法だけではなく、共住区画に対応する(財)日本消防設備安全センター性能評定工法もございます。

その他、特殊工法 / 

NTT工法や電算センター等の特定仕様工法、危険物対応、防爆工法、遮炎シート・テープによる防災システム、防水処理、遮音処理、防臭処理、電力系ケーブルにも対応しております。
株式会社トヨボウお問い合わせ
防火区画ケーブル貫通部延焼防止に関する
様々なご質問、 ご相談は是非当社まで
お気軽にお問い合わせ下さい!

防火区画貫通処理ご相談窓口
  
国土交通大臣認定工法