防火区画貫通部延焼防止措置の
業務改善に関するお問い合わせ


防火区画貫通処理でお悩みの方

【今までにお問い合わせ頂いた内容の一例】

A電気工事会社  A様

Q)以前、防火区画ケーブル貫通部処理用の耐火材を購入し自社で国土交通大臣認定工法を施工しましたが、コストがかかり過ぎて大変だったので、どうにかなりませんか?

B設計事務所    B様

Q)大きな矩形の開口に規格外のケーブルラックを貫通させ、他社の給排水管も一緒に貫通させたいのですが、どのような処理方法がありますか?

C設備工事会社  C様

Q)小さなコア穴にケーブルを貫通させ、耐火材で処理するという簡単な作業だったはずが、認定工法の手順や耐火材の取り付け方法も間違えていたので、検査で指摘をもらってしまい、是正することになってしまい、大変な時間と倍の耐火材が必要になり、コストダウンどころの話ではなくなった。今後も貫通処理に関するコンプライアンスが心配...

などなど、様々なご質問、ご相談を頂いております。
貫通処理に関することならどのようなことでも当社の
耐火処理アドバイザーが対応致します。

 
防火区画処理
株式会社トヨボウお問い合わせ

防火区画貫通処理ご相談窓口
  
国土交通大臣認定工法